犬 しつけを殺したのはダレ
犬 しつけを殺したのはダレ
ホーム > 視力回復 > 視力低下は「目」だけでなく「眼球、頸椎、内臓」のトラブル

視力低下は「目」だけでなく「眼球、頸椎、内臓」のトラブル

メガネをかけている人にインタビューをしてみたところ

実に8割以上の方が「目が悪いのは遺伝だから...」と答えました。
そんなこと、誰に教えてもらったのでしょう。

確かにご両親やご家族の目が
揃って悪かったりしたら遺伝を疑いますよね。

でも、それは大きな間違いです。

いえ、間違いどころか、「都市伝説」と言い切ってもいいかもしれません。

もちろん、遺伝の影響がゼロというわけではありません。

でも、多くの視力低下は遺伝とは直接関係がないことが
最近の研究で明らかにされています。

しかも「遺伝だから仕方がない」と思い込んであきらめてしまうことで
脳は自己暗示にかかってしまい
「回復できる」
「回復しよう」
という考えをシャットアウトしてしまいます。

そうなると、視力低下はどんどん加速してしまいます。

また、そんな状態ではどんなに優れた視力回復法を
手に入れても、視力を取戻すことはできないでしょう。

視力低下は「目」だけでなく「眼球、頸椎、内臓」のトラブルです。

遺伝的要素よりも脳への悪影響の方が深刻なのです。

「視力は回復できる」
そう信じることが視力回復のための、
最初の大きな第一歩になります。

先入観を持たずに、肝臓・腎臓などの内臓ほぐしをすることで
視力を劇的に回復する方法がここにあります